いい地域に住みたい!不動産物件を知る

SNS

  • 良かった押して下さい
  • 若いうちにの場所はどうかな

    家を建てるなど、不動産を購入することは高価な買い物だし一生のうちに何度もあるものではありません。 そして多くの場合は何年間かの住宅ローンを組んで購入することになります。 住宅のローンは毎月の出費の中で大きな部分を占めるので、現役で仕事をしているうちに終えるようにすることが望ましいのです。 だから仕事も軌道に乗り安定した収入が得られるようになってきた20歳代後半から40歳代の若いうちに購入する人が多いのです。 20歳代後半から40歳代といえば結婚をして過程を持ち子供ができれば子育て中の年代です。 そこで子育てがしやすい場所ということが不動産を購入するときの条件になる人も多いのです。 通勤の範囲内であることはもちろん主な条件になりますが、子育てのための環境が整っていることは大きな条件となります。 不動産業者の方も子育て世代を意識して、公園が近くにあったり、幼稚園や小中学校も近くにあるということをうたい文句にできるような緑豊かで閑静な場所に住宅地を造成していることが多いです。 それらの条件に加えてスーパーや病院も近くにあれば、子育て世代の人たちの希望の住宅地としては最高の条件となるでしょう。 ただ子育て世代の若いうちに、子育てに適した場所で生活しているときは良いのですが、子どもが成長して大学生や社会人になるときには、緑が多くて閑静な場所というところは交通の便が良くないところも多いのです。 大学で部活やバイトをしたり会社で残業があるなど忙しくなると、長年育った家であってもそこから出て、大学や職場の近いところにいってしまうということになる可能性もあるのです。 だから子育て世代の若いうちに子供のためにと選んだところがいつまでも子どもにとって住めるところとも限らないのです。 特に最近では山を切り開いて造成している住宅地も多いので、最寄駅からバスに乗ったり、車で送り迎えをしないといけないというともろが多いことも事実です。 また買い物や病院なども車がないと不便という場合もよくあるのです。 そこで若いうちに不動産を購入するときは子どもが巣立つときのことも考慮して選ぶことができればよいでしょう。

    あまりいい場所でなかったなんて事も

    マンションやアパートなどの不動産を探しているときは、まず間取りなどの情報を確認しますよね。間取りを見て部屋の広さを確認して、その次に最寄駅や設備、賃貸の不動産なら家賃をチェックします。不動産を気に入るか気に入らないかは・・・

    (C) 2014 いい地域に住みたい!不動産物件を知る