いい地域に住みたい!不動産物件を知る

SNS

  • 良かった押して下さい
  • 将来的な事を考えた地域を

    不動産の購入や賃貸を考えるとき、どんな点を考慮すべきでしょうか? もちろん、不動産そのものについての状態や質を考慮することは大切です。 しかし、それ以外にも考えておくべきことがあります。 それは、その不動産が存在する場所の周辺環境です。 購入時の状態がずっといつまでも続くならいいのですが、必ずしもそうなるとは限りません。 今後、さまざまな事情の変化によって地域の環境がどんどん変わっていき、不動産の購入時とは似ても似つかない環境に様変わりしてしまう可能性もあります。 もちろん、良い方向に変わるなら問題ありませんが、悪い条件ばかりが重なっていくならその土地は住みにくい場所になってしまいます。 このような意味で、不動産の購入や賃貸において、地域の将来的な変化について予測しておくことは重要です。 そのような地域の将来を予測するうえでは、不動産仲介業者の存在が大きなウエートを占めるかもしれません。 というのは、不動産業者ならその土地の事情に詳しいので、将来の変化についても確率の高い予測が出来る人が多いといえます。 そこでもし、不動産取引において積極的な情報を提供してくれる業者に依頼することができれば、その業者からいろいろな話を聞くことができるかもしれません。 そしてその情報を得たうえで、良い判断を下すことができるようになります。 ただし、全ての業者が親身になって情報提供してくれるとは限りません。 数多くの業者の中から、惜しみなく情報提供してくれる業者を自分で探さなければなりません。 仲介業者を選ぶときは、業者にいくつか種類があることを知っておきましょう。 例えば、大手のフランチャイズ店、地元の大手仲介業者、そして古い老舗業者です。 このうち、取扱件数が多いのは大手のフランチャイズ店や地元の大手仲介業者ですが、その土地の事情に深く精通しているのは老舗業者です。 老舗業者の特徴は取扱件数が少ないことですが、その分、その土地の人間しか分からないようなマニアックな古い物件も紹介することができます。

    子育てを考えたらいいとこを

    若いうちはデパートやショッピングセンターなどが近くにある、繁華街に近いエリアに住んで、華やかに生活したいと思うものですが、 結婚して子供が出来ると、少し考え方が変わるようになります。都会に近いエリアは買い物がしやすく・・・

    (C) 2014 いい地域に住みたい!不動産物件を知る